SMグッズはあなたを裏切らない、どんな時でもあなたの見方なのです


マスク、目隠し
拘束
クリップ
ムチ
SMクラブ
SMバー
SM嬢
放置プレイ
ここはSMを中心としたサイトです。SMが苦手な方はお帰りください。

世の中には色んな人がいるものですよ。その中でもSM好きな人に興味
がある人、あるいはあなたがSM好きだという人、いいですね。素晴らしい趣味を持っているんですね。SMに興味のある人は是非このページをご覧になってみてください。少しだけ参考になることが載っていると思います。誤字とかあっても見逃してください。そんなことで今暇だという人はSMの世界をじっくりと知っていってくださいね。きっと明日から何かが変わるはずです。



ここには女王様が出没しています。どんなときでも女王様がいないと物足りないです。そんな必須な彼女がここにはいるので落ち着いてサイトを観覧することができますね。

↓検索ポータブルサイト↓

SMってどんなものの事を言うのでしょうか、それはサディズムとマゾヒズム的な性的な行いに基づいたプレイなのです。このマゾとサドは別々な行いをすると思うのだが、本当は一体化したものと見ている。片方がいないと楽しめない。そんな行為なのだそうです。そしてそのSMの人たちは人格を疑うようなイメージがあるのですが、本当はごく普通な人が多いので、誤解を受けている面が非常に多いようです。プレイの内容としては、人道に反するような行いはしないので安心して見てもらいたいですね。SMは自分はそういう性質ではないけれど、自虐的な行為を行うことによって日常とは全く違う世界観を味わうことができる、自分を虐めたりすることで身体の中の興奮作用が働いて燃え上がるのである。


精神的な医学での意見によると、性的な興奮を味わうために、相手のことはお構いなしに、一方的に何かを虐める、虐待をするという性的なおかしな行動を表に出して、片方の性的なマゾな方は攻められたり自分の身体をいたぶるような事で、性的な興奮などを味わうことができます。しかしこの行為などは、パラフィリアと呼ばれている精神障害なのだそう。精神障害の人はどんな暮らしをしているのか、ドキュメント番組が見てみたいものだ。実際SMの行為を行っている人々は、そういう障害の持ち主ではないだろう。ほとんどの人が通常の人格の持ち主だと思う。刺激を与えたくて、興味を持って行うのであろう。

でも心の中にみんなかならず、SかMの血を持っている。自分がどちらの種族なのかわからない人もいると思うけど、そこはテストをして判断してみるといいだろう、テストというのは、何か痛い思いをさせて不愉快な気持ちになるか、あるいはもっとしてほしいという気持ちになるか、どちらかで決まると思う。テストは一人でも行うことが可能です。インターネットで診断することのできるサイトがどこかにあると思う、いや、必ずあります。自分がどちらの種か気になる人は是非診断してほしい。これであなたがどちらの部類か判断できたら、次はパートナーを探してみてもいいと思う。
風俗や性の文化ということでのSMとしては、何か自分で役割を決めて、役を演じるように行うことで性的な興奮を得ることができるものが主に行われています。こういう非日常的な行為を体験することで、日常のうっぷんなどを晴らすことが出来るのである。

SMのプレイでは、特定のファッションというものがあるのです。ボンテージといった独特のスタイル。これは日常とはカナリかけ離れたものなので、現実逃避をすることができます。この日本では、緊縛といった縛り付けていたぶるという行為がかなりの昔からあるが、これがこの世界で多いに使われているのです。この緊縛というものには、緊縛師という専門家がいるくらいだから、かなりの文化が広がっているのです。やさしいSM、ソフトSMといわれるものは、手を軽くしばる、目隠しをするというプレイが見られる。これは日常でカップルが行ったりするし、とあるホテルにはその関連のグッズは販売または無料でもらえるというサービスもある。ということで、潜在的愛好者は相当な数存在しているようだ。あなたの横の同僚もきっとそういった行為が好きなのである。

アイテムを手に入れることは簡単だ。アイテムは日用品コーナーなどで手に入れることが出来る。だから子どもでも買えてしまうのだ。しかしそういうものに興味を持つ子どもは少ないでしょう。日本では羞恥プレイや緊縛プレイといったように、アダルト作品などのジャンルでそういったものが存在するが、かなりの人気となっている。

今では専門的なサイトもカナリの数があるのである。サラリーマンや、学生などが好んでサイトを徘徊し、自分では行うことのできない、未知な世界へと足を運び入れるのだ。そして彼女が出来たときにはその自分の実績を彼女の前であらわにするのです。しかしそれを全く好まない人ももちろんいる。心が純粋で、そういう世界が全くだめだ、もしくは非常に恥ずかしがりやな女性などには向かない。すぐに二人の関係が壊れてしまいそうだ。

アダルト業界でも非常に人気で好評なこのジャンルだが、その行為を行っているテレビの中の彼らはどういった気持ちで行っているのだろうか。最悪な気持ちで攻められている女性もいるかもしれないが、本当ならはもっと快楽を得るはずなんだ。攻められる側は喜ばないといけない。これが元祖なのです。しかし嫌がる姿を見て興奮するのはS側なのです。S人間は相手のことをほとんど考えません。自分が楽しければそれでいいとも思っているのです。なのでMの人はSの人の気持ちが理解できないかもしれません。しかし感情を読み取れないのは当たり前のことです。人間は人の感情を読み取ることなんてできません。だから相手のことはわからない、これが当たり前のことなんです。

今日は来てくれてどうもありがとう。また次回も来てくれるよね? ね?ね?ね?